WHAT WE ARE
ブイキューブのこと

ブイキューブは「Evenな社会の実現」というミッションを掲げ、「いつでも」「どこでも」コミュニケーションが取れる環境を整備することで、すべての人が平等に機会を得られる社会の実現を目指しています。
2023年10月で創業から25年。その道のりは決して平たんではありませんでしたが、紆余曲折を経たからこそ、私たちの強みや大切にしている想いが明らかになり、事業の継続・発展、そしてすべてのステークホルダーの「ピープル・サクセス」を目指すという考えに至りました。
これから先、100年を超えても輝き続けることを目指し、さらなる成長を続けるブイキューブへのご参画をお待ちしています。

01
PHILOSOPHY /
MISSION / VALUE
経営理念・ミッション・バリュー

PHILOSOPHY

経営理念 私たちは常に情報通信技術を高度に活用することにより、新しい価値の創造を通じて、より豊かな人間社会の実現を目指します

MISSION

Evenな社会の実現 ~すべての人が平等に機会を得られる社会の実現~

誰もが境遇に左右されず、機会を平等に得られる世界をつくりたい。

人と人が会うコミュニケーションの時間と距離を縮めることで、
より豊かな社会を実現できると考えています。

大都市一極集中、少子高齢化社会、長時間労働、教育/医療格差など、
課題先進国の日本をはじめとした、世界が抱える課題を
ビジュアルコミュニケーションを通じて解決し、
社会を担うすべての人が機会を平等に得られる社会の実現を目指します。

VALUE

To be “The One” ~社会にとってかけがえのない存在であるために~
「次のあたりまえをつくる」 “Next ATARIMAE”
3歩先を見て課題を見つけ出し、常識や慣習に囚われない論理的思考で解決策を考える。 自ら行動し、仲間とともに取り組む。 よりよい社会の実現を目指し、みんなが“あたりまえ”に感じ、利用できる仕組みをつくる。
「自分らしく個が輝ける会社」 “Stay Gold”
一人ひとりが情熱と誇りを胸に挑戦を続ける。 輝ける個が、互いの生き方や価値観の多様性を対話を通じて理解しあい、成長を支え合える会社をつくる。
「だれかの幸せをつくる」 “Make Happiness”
時間と距離にとらわれない働き方、人と人との豊かなコミュニケーションが溢れる毎日、それぞれが描く自己実現を目指せる社会。 これらを実現するコミュニケーションサービスの提供を通じて、だれかの幸せをつくる。

02
HISTORY
これまでと、ここからはじまる未来

ブイキューブは「チャレンジ」を称賛し、「人」を大切にしています。これは創業時から今も変わらないことです。
2023年10月で創業から25周年を迎えるブイキューブ。これまでの軌跡とともに、未来へと続くブイキューブのあゆみをご紹介します。

PHASE.1創業(1998年~2003年)

インターネットの可能性を信じ、現会長・間下は大学在学時に起業する。
ブイキューブは課題に挑戦するマインドを原動力に走り出し、ついにはアメリカの地にまで達した。

Webサイトが一般的なビジネスにも広がりを見せたのは、1990年代後半になってからのことだった。当時のWebサイトの制作技術は、それまで情報通信に携わってきた「企業」であっても、社会を知らない「学生」であっても、同じスタートラインに立つ時代だった。当時慶應義塾大学の学生であった間下直晃(現ブイキューブ会長、以下、間下)は、このチャンスを捉え、Webの未来に可能性を感じ、1998年10月、ブイキューブ(当時のブイキューブインターネット)を起業し、仲間とともにWebサイトの制作に乗り出した。企業ではできないスピードを、そして圧倒的な安さを武器に、次々と案件が舞い込むこととなった。間下と仲間たちはたとえ「学生」という枠組みの中でも自分たち次第で社会を、そして世界を変えていけるという手ごたえを感じ、社会に貢献することこそがブイキューブの使命であると考えるようになった。

また、日進月歩の技術革新の中で、情報通信技術のアップデートは日常であり、メンバーは貪欲に知識を吸収し、お客様の様々な課題に対し解決することにやりがいを感じた。そうした課題への「挑戦」があたりまえであり、現在まで受け継ぐ会社の遺伝子となった。そうした挑戦の積み重ねでありがたく国内での実績を積むことができ、とうとう2003年に、当時さらなる市場可能性が広がっていたアメリカへの挑戦を決断した。

PHASE.2拡大(2003年~2013年)

自らの課題解決のため、ビジュアルコミュニケーションサービスを生み出した。Web会議が社会インフラとなる未来の「あたりまえ」を信じ、上場への道のりを突き進む。

間下が渡米し、現地に子会社を設立した。しかし現地との移動コストやコミュニケーションの課題に直面し、頭を悩ませることとなった。当時、テレビ会議システムなどのコミュニケーションツールはとても高価で誰でも気軽に利用できるものではなかったため、自分たちの技術でWeb会議システムを開発することにした。ここから現在に至るブイキューブの「ビジュアルコミュニケーション」サービスが歩みをはじめることとなった。

自分たちで作ったツールを自分たちで徹底的に利用し、試行錯誤して改善するうちに、このツールを社会に普及させ、社会のインフラとして多くの人たちがその恩恵を享受できるようにしていくことが我々の使命であると感じ、ブイキューブはビジュアルコミュニケーションサービス事業を主軸に据えた。さらに、多くの人が広く利用できるよう月額課金(サブスクリプション)型のサービスを先駆けて提供し、画期的なビジネスモデルで注目を集めることとなった。そしてより広い社会のインフラとなるべく、マレーシアを皮切りに、シンガポール、インドネシア、中国と、アジアへのグローバル展開を進め、大きく拡大の道をたどった。

PHASE.3上場前後(2013年~2019年)

上場の実現により、会社のステージは一段高くなったが、より社会的使命を実感することとなった。同時に急成長の痛みも感じ、さらに高くジャンプするために必要な改革と組織強化を行った。

サブスクリプションモデルは多くのお客様に支持いただいたものの、先行投資を必要とするモデルであり、さらにサービスを社会インフラとするためにはより大規模な資金調達が必要となるため、上場に向けた準備は早くから行われていた。しかし、2008年にはリーマンショックの影響を受け、一度延期されることとなった。しかしあきらめずに実績を重ね、お客様のご支持のもと、2013年12月に東証マザーズ(現:東証グロース)に新規上場、さらに2015年7月には東証一部(現:東証プライム)に市場変更することができた。苦い経験からの実現に、社員一同大きな達成感に包まれることとなった。上場後は市場からの調達資金を積極的に活用しながら、2014年にはWebセミナー専用スタジオを東京・恵比寿に開設、積極的な買収など、さらなる社会的使命に向け、国内及びグローバル展開をさらに加速させていった。ところが2016年後半にかけて成長は鈍化し、急拡大・急成長のための痛みを感じることとなった。ブイキューブとは何者なのか? 強みは何なのか? その強みを活かしてどう社会に貢献できるのか? 我々が大切にしたいものは何なのか? を自ら内省し、グループ全体の改革を断行した。

また、同時に次の飛躍へ向けて、より魅力ある強い組織づくりに着手した。2017年、先駆的な働き方を目指した「Orange ワークスタイル」を発表、創業20周年を迎えた2018年には、新たなミッション・バリューを全社を巻き込んで創り上げ、これから向かうべき未来の方向性を共有した。

PHASE.4飛躍(2020年~現在)

世界のワークスタイルは突如として激変し、ブイキューブがずっと前に描いた未来が急に近づいてきた。しかし、私たちは、「Evenな社会の実現」に向けて、次の「あたりまえ」をつくり続ける。

2020年から発生したCOVID-19によるパンデミックは、世界中に影を落とした年として世界中の人々の記憶に刻まれたかもしれない。しかし、社会のありようが変わり、それまでの常識が大きく変わった年として捉え直すこともできる。そしてこの年ほど、これまで培ってきたブイキューブのサービスや企業文化が間違っていなかったと実感できた時はない。世界中の人々がビジュアルコミュニケーションツールを利用し、困難下の社会活動を継続し、コミュニティーなどのつながりの大切さを再確認することとなった。

2018年から取り組んできた、テレワークのための個室型「テレキューブ」は、累積設置台数14,666台(2022年9月現在)を数え、2021年には、オンラインセミナー・イベント配信専用スタジオを東京・白金高輪に、2022年には大阪・梅田に開設し、年間7,800回もの配信をサポートし、セミナー・イベントのオンライン配信実績でシェアNo.1※をいただくまでに至った。ブイキューブはさらに社会を支えるべく、お客様の課題解決のため、ひとつひとつの案件に真剣に向き合う日々が続いている。そしてさらに、コミュニケーションDX(デジタル・トランスフォーメーション)を掲げ、ミッションである「Evenな社会の実現」を目指し、挑戦を続けている。

※調査機関:日本マーケティングリサーチ機構
調査概要:2022年10月期_指定領域における市場調査 配信システム+配信(運用)サポートをセットで「法人企業」に対して提供/実施した配信(単発配信含む)

NEXT PHASE変わっていくもの、そして変わらないもの

これからの100年、この先もずっと社会に必要とされる会社であるために、今から備えておくこと

2021年11月、社内で「ブイキューブ100年構想」が発表された。間下をはじめとする創業メンバーとその世代が交代してもブイキューブという会社に輝き続けてほしい、という創業メンバーからの意思表示である。そしてそのための権限委譲、次世代育成をより強く進めていくことが語られている。しかし創業世代メンバーも引き続き変わらず自らを磨き成長し続けること、そして次世代メンバーはブイキューブが大切にしていることをしっかりと継承し、さらに自身の夢や希望を輝かせようと成長していくことでブイキューブが100年を超えても輝き続ける会社となることを共に目指していく。これまでもこれからも中心にいるのはいつも「人」であり、挑戦する力である。

03
CONTACT US
ブイキューブにご関心いただきましたら

この度は、ブイキューブにご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。
私たちは、当社サービスを利用されるお客様、入社を検討される求職者様、株主・投資家様、ブイキューブメンバーといった、すべてのステークホルダーのみなさまの「ピープル・サクセス」を目指し、社会のウェルビーイングに貢献して参ります。

CONTENTS 最新の記事

NEW
中学生 × 社長、メタバースと持続可能な未来を語る

2022年12月、東京研修旅行の企業訪問で「持続可能な未来」「メタバース」をテーマに選び、ブイキューブに来社された中学生の皆さんとの当日の交流の様子をご紹介します。

【24卒学生必見!】採用基準を大公開!~エンジニア職の場合~

当社では、2024年卒新卒採用スタートにあたり、採用基準を公開しています。本記事では、エンジニア職の採用基準を大公開します!

【24卒学生必見!】採用基準を大公開!~提案営業職の場合~

当社では、2024年卒新卒採用スタートにあたり、採用基準を公開しています。本記事では、提案営業職の採用基準を大公開します!

【24卒学生必見!】ブイキューブの新卒採用について

当社では、2024年卒新卒採用スタートにあたり、採用基準を公開しています。本記事では、採用基準を公開する理由や選考フロー、選考を受けるにあたってのアドバイスをお伝えします!

【初めてこのサイトを訪れた方必読】ピープル・サクセス サイトって何?発起人に聞くサイトに込められた想い

ピープル・サクセスサイトの発起人である代表取締役社長 国内CEOの高田とピープル・サクセス室 室長の今村に、サイト設立の背景や込められた想いなどを聞いてきました。

ブイキューブらしさって何だろう? ミッション、バリューそしてピープル・サクセス ポリシー

ブイキューブのミッション、バリュー、そして、それらが礎となり出来たブイキューブ式人財方針「ピープル・サクセス ポリシー」に秘められた想いや意図を解説します。

ページ上部へ移動